メーガンさんの第2子に“女王にしか許されない名前” 「無神経にもほどがある」と英国民が怒りの声 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メーガンさんの第2子に“女王にしか許されない名前” 「無神経にもほどがある」と英国民が怒りの声

多賀幹子AERA
長男のアーチー君を抱くメーガンさんと二人を見つめるヘンリー王子。アーチー君にとっても待望の妹ができた(写真:Getty Images)

長男のアーチー君を抱くメーガンさんと二人を見つめるヘンリー王子。アーチー君にとっても待望の妹ができた(写真:Getty Images)

エリザベス女王の公邸であるロンドンのバッキンガム宮殿。女王もリリベットちゃんの誕生を祝福した(写真:Getty Images)

エリザベス女王の公邸であるロンドンのバッキンガム宮殿。女王もリリベットちゃんの誕生を祝福した(写真:Getty Images)

 英王室を離脱したヘンリー王子とメーガンさんに待望の第2子が生まれた。長女の名前は「リリベット」。それがいま、英国で議論の的になっている。それは、女王にしか許されない愛称だったからだ。AERA 2021年6月21日号の記事を紹介する。

【写真】エリザベス女王の公邸はこちら

*  *  *
 ヘンリー王子(36)とメーガンさん(39)に、6月4日午前11時40分、第2子の長女リリベット・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザーちゃんが誕生した。体重は約3450グラムで、兄のアーチー君(2)より大きい。生後2日目の6日に慈善団体「アーチウェル」で発表し、「あらゆる想像を超えた素晴らしい子で、世界中から寄せられた愛や祈りに引き続き感謝しています」と書いた。王位継承順位は第8位で、エリザベス女王(95)の11番目のひ孫にあたる。

 出産はロサンゼルスのシダーズ・サイナイ病院と予想されていた。米国のトップ1%にランクされる医師2千人を擁する総合病院で、豪華なマタニティースイートがある。「セレブ御用達」として有名だ。だがメーガンさんは、ロス近郊のサンタ・バーバラ・コテージ病院を選んだ。分け隔てなく医療を提供するため50人の女性グループが設立した非営利の病院。女性のエンパワーメントをサポートするメーガンさんの希望だった。

■女王だけの名前なのに

 注目されたのは、名前だ。ミドルネームの「ダイアナ」は、ヘンリー王子の亡き母ダイアナさんを偲(しの)んだ。兄ウィリアム王子(38)とキャサリン妃(39)の長女シャーロット王女(6)のミドルネームにも入っている。

 問題は「リリベット」にあった。エリザベス女王の愛称なのだ。女王が幼かったころ、よく回らない口で、自分を「リリベット」と名乗るのを聞いた祖父ジョージ5世が、そのかわいらしさに、まねるようになった。それから祖母も両親も妹のマーガレット王女も、家庭内で女王を「リリベット」と呼ぶようになったのだ。父ジョージ6世は「リリベットは私の誇り。マーガレットは私の喜び」と姉妹をかわいがったという。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい