震災後10年は「ほぼ原発なし」 「50年温室効果ガス実質ゼロ」も脱原発で

ジュニアエラ

2021/04/02 17:00

 2月13日の深夜に福島県沖を震源とする最大震度6強の地震が起きた。津波は来なかったが、10年前の記憶が頭をよぎった人も多くいただろう。10年前の東日本大震災では、福島第一原子力発電所の施設が壊れて爆発が起き、放射性物質が広い範囲にまき散らされた。あれから10年。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」4月号では、原発や日本のエネルギー政策について考えた。

あわせて読みたい

  • 全国の原発コストは約13兆円 “原子力のコスト高”が浮き彫りに

    全国の原発コストは約13兆円 “原子力のコスト高”が浮き彫りに

    週刊朝日

    3/8

    1~3号機だけで54基分 福島原発廃炉ゴミはどうなる?

    1~3号機だけで54基分 福島原発廃炉ゴミはどうなる?

    週刊朝日

    5/13

  • まだ原発事故は続いている 止まらない汚染水の流水に進まない廃炉計画の今

    まだ原発事故は続いている 止まらない汚染水の流水に進まない廃炉計画の今

    AERA

    5/3

    原発再稼働に賛成? 反対? 専門記者に聞いた

    原発再稼働に賛成? 反対? 専門記者に聞いた

    dot.

    1/7

  • ピー! 胸の線量計が鳴り緊張走る…福島第一原発の合同取材で見えた“いばらの道”

    ピー! 胸の線量計が鳴り緊張走る…福島第一原発の合同取材で見えた“いばらの道”

    AERA

    2/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す