時間割の約半分が体験学習! 驚きのプログラムで子どもを伸ばす学校とは?

2020/11/20 11:30

 近年、教育の多様化が注目を集めていますが、30年近くも前から「自由教育」を掲げ、子ども主体の学びに取り組んでいる学校があります。きのくに子どもの村学園です。ここでは時間割の約半分が体験学習(プロジェクト)で、1~6年生の異年齢で1年間活動をします。「AERA with Kids秋号」(朝日新聞出版)では、学園創立者の堀真一郎さんに取材。独自の教育内容や卒業後の進路など詳しくうかがいました。

あわせて読みたい

  • テストもチャイムもない小学校で、子どもはどう育つ? あえて“失敗”させることで、育まれる力とは

    テストもチャイムもない小学校で、子どもはどう育つ? あえて“失敗”させることで、育まれる力とは

    dot.

    9/21

    ピアノにギター、遊具づくり…難関中高一貫校が「音楽」や「美術」に力を入れる決定的な理由

    ピアノにギター、遊具づくり…難関中高一貫校が「音楽」や「美術」に力を入れる決定的な理由

    AERA

    1/29

  • 子どもの好奇心に火を付ける 街や河原が教室の「探究塾」とは?
    筆者の顔写真

    山田洋文

    子どもの好奇心に火を付ける 街や河原が教室の「探究塾」とは?

    AERA

    4/26

    吉本と学芸大学がコラボ 子どもがものまねを学ぶ意味とは?

    吉本と学芸大学がコラボ 子どもがものまねを学ぶ意味とは?

    週刊朝日

    5/26

  • 修学旅行「1社がほぼ独占」 大分で発覚した異様な業者決定プロセス

    修学旅行「1社がほぼ独占」 大分で発覚した異様な業者決定プロセス

    AERA

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す