40億円トレーダーテスタさん「1億円損失」の失敗論 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

40億円トレーダーテスタさん「1億円損失」の失敗論

このエントリーをはてなブックマークに追加
安住拓哉,中島晶子,伊藤忍AERA#お金
テスタ/トレーダー。2005年に株式投資の世界に飛び込み、専業トレーダーに。ITバブル崩壊、リーマンショックなど、幾多の市場暴落で退場するトレーダーが続出する中、寡黙に荒波を乗り越え、2020年に利益40億円達成。投資先のメインは日本株、米国株、先物、REIT(不動産投資信託)(撮影/写真部・片山奈緒子)

テスタ/トレーダー。2005年に株式投資の世界に飛び込み、専業トレーダーに。ITバブル崩壊、リーマンショックなど、幾多の市場暴落で退場するトレーダーが続出する中、寡黙に荒波を乗り越え、2020年に利益40億円達成。投資先のメインは日本株、米国株、先物、REIT(不動産投資信託)(撮影/写真部・片山奈緒子)

「億り人」と呼ばれる、投資で1億円以上のお金を稼いだ人たち。実力と投資センス、そして血のにじむような努力をして資産運用を行う。そんな中でも名前の知られたトレーダーがテスタさんだ。今年、利益40億円を達成した。

【写真】本人は否定するが、そのイケメンぶりでも人気のテスタさん

テスタさんが株式投資を始めたのは2005年。15年間で40億円トレーダーになるまで、成功体験ばかりではないだろう。

「失敗したときの経験を話してもらえますか?」というインタビューに対し、やさしく答えてくれた。その一部を紹介する。

◇◇◇

僕は、「投資に付きものといわれるリスクを取ったつもりはない」と、いつも言っています。それは、「当然、勝てるよね」と誰もが納得できるくらい勝率が高いものを見つけて、勝てそうなときだけ投資してきたからです。

そんな僕にも当然、「大」がつくほどの失敗はあります。今でも忘れられない大失敗は、2016年1月、さくらインターネットという株を信用取引でカラ売りしたときのことです。

その頃の僕の資産は6億円くらいでした。さくらインターネットはクラウドなどに使うデータセンターを運営する会社。その株が2015年12月の始値298円から、翌2016年1月13日には高値2110円まで約7倍も上昇しました。

上昇の材料になったのは、ビットコインなどの登場で、今やすっかり有名になった「ブロックチェーン」という技術です。

ブロックチェーン、何それ? 2016年の1月といえば誰もがそんな状態だったと思います。

(編集部注:ブロックチェーンはネット上で改ざんされないように、金融の取引の記録を暗号化して数珠つなぎにしていく仕組み。IT<情報技術>と金融サービスの融合を目指す「フィンテック」にとって必要不可欠な技術)

当時の僕は、このブロックチェーンという材料を軽視していました。ストップ高を連発し、上がり続けるさくらインターネット株を見て、「どう考えても上がりすぎ。下がるまで、ずっとカラ売りし続けよう。損切りはしないぞ」と決めて、信用取引のカラ売り注文を入れたんです。しかし、その後もさくらインターネットはストップ高を連発。たった1週間で損失は1億円以上になってしまいました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい