子どものウンチのにおいが今もわからない 新型コロナに3月に感染した記者が語る (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どものウンチのにおいが今もわからない 新型コロナに3月に感染した記者が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
今村優莉AERA#ジュニアエラ
新型コロナの感染拡大が続く。誰もが感染のリスクにさらされている(※写真はイメージです/gettyimages)

新型コロナの感染拡大が続く。誰もが感染のリスクにさらされている(※写真はイメージです/gettyimages)

 もし、新型コロナウイルスに感染したら─―。世界中で猛威をふるい続けるこの病気に、朝日新聞国際報道部の記者、今村優莉さん(38)がかかった。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」9月号では、今村さんがそのときの経験についてつづった。

*  *  *
 新型コロナの感染が世界で最初に広がったのは、中国の武漢という街です。朝日新聞記者の私は1月から、東京から国際電話などを使ってそこに住む人たちに取材していました。それもあってウイルスの怖さを強く感じ、2月ごろから直接人に会う取材や、大人数でごはんを食べることは避けていました。外に出るときはマスクをし、手もひんぱんに洗っていました。

 それでも、感染しました。どこでうつったのか、今もわかりません。

 最初におかしいと思ったのは3月28日。コーヒーを「お湯っぽい」と感じ、エッセンシャルオイルのラベンダーの香りもわかりませんでした。熱やせきはなく、東京都の新型コロナの相談窓口からは「感染の疑いは低い」と言われました。しかし、3日後から倦怠感が始まり、体に力が入らず、立ちあがるのもつらく、歩くと少し息切れしました。続いて、体の内側からたくさんの針に刺されているような痛みに襲われました。横になっていても痛く、ゆっくり寝ることもできませんでした。頭痛と下痢もありました。

 保健所に相談すると「病院でみてもらって」と言われましたが、三つの病院から受診を断られました。再び保健所に訴え、ようやくPCR検査を受けることができました。保健所への電話はなかなかつながらず、100回以上かけたこともありました。

●息子の小さな指を「うつっちゃうから」とひじで押し戻した

 でも、自分の症状より大変だったのは、家族にうつさないように「隔離」することでした。当時、夫は職場から出勤しないように言われ、3歳と1歳の子どもも保育園に預けないようにしました。私は家の中の一室にこもりましたが、子どもたちはわけがわからず、突然姿を見せなくなった私をずっと捜し続けました。私がトイレに行こうと部屋を出ると、2人は「見つけた!」と抱きつこうとし、パパが大急ぎでおさえました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい