ラーメン店が多いほど脳卒中の死亡率が高い? 新聞に載ったB級ニュースたち (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラーメン店が多いほど脳卒中の死亡率が高い? 新聞に載ったB級ニュースたち

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ジュニアエラ2月号」夕日新聞(イラスト/横山みゆき)

「ジュニアエラ2月号」夕日新聞(イラスト/横山みゆき)

 事実は小説より奇なり。朝日新聞が報じたB級ニュースを、小中学生向けの月刊ニュースマガジン「ジュニアエラ」で、夕日新聞社としてピックアップ! 2月号から紹介する。

【写真】元ギタリストが町田のはずれに出店!行列ができるラーメンはこちら

■警察犬に感謝状 逃走中の男を匂いで発見(2019年10月15日 奈良県)

 奈良県香芝市で9月24日午前1時ごろ、覆面パトカーで走行中の奈良県警察機動捜査隊が不審車を発見。職務質問のために前に回り込み停車させたところ、車は急発進して覆面パトカーに追突した。運転していた男は車を乗り捨て、闇に紛れて逃走。道には男の片足分のサンダルが落ちていた。

 そこで出動要請を受けたのが、警察犬のララ・オブ・スーパー・クリーク号(愛称サラ)。現場へ駆け付けるとサンダルの匂いをかいでそれを頼りに道を進み、約400メートル先の駐車場で立ち止まった。ジッと見つめる視線の先には軽トラックが。その下に、男がうつぶせになって隠れていた。男は公務執行妨害容疑で逮捕され、その後、覚醒剤取締法違反容疑で再逮捕、起訴された。捜査に貢献したサラには奈良県警から感謝状が、香芝署からは高級ドッグフードが贈られた。

 9歳のサラは人間の年齢なら約70歳。お見事!

■三輪車レース 本気の3時間(2019年11月4日 福岡県)

 福岡県大野城市の南福岡自動車学校で、三輪車レースが開催された。約300メートルのコースを5~10人でリレーし、3時間で何周できるかを競う。

 年齢制限はなく、車両は一部改造してもOK。ただし、路面からサドルの高さは45センチまで。レース前には「車検」もある。

 10代から50代の144人、17チームが参加し、三輪車を本気でこいだ。1位は119周。過酷な耐久レースだが、「感動して泣きそう」「こんなに熱くなれるとは」など、参加者の反応は上々だった。

 地域活性化のため、地元有志が企画した。

■ラーメン店多→脳卒中死亡率高(2019年11月15日 栃木県)

 人口あたりのラーメン店の数が多い都道府県ほど、脳卒中による死亡率が高いという調査結果を、自治医科大学(栃木県)の研究チームが発表した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい