新型肺炎 初期段階の「空白期間」の疑惑を専門家らが指摘

中国

2020/02/06 11:00

 中国・武漢から世界に広がった新型コロナウイルス。武漢市当局の初動の遅れからは隠蔽が疑われ、封鎖に際しては事前に500万人が脱出したという。人の命を守るための危機管理は適切だったのか。AERA2020年2月10日号から。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す