Sexy Zone佐藤勝利くんが思うリーダー像 人のために犠牲になれる人 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Sexy Zone佐藤勝利くんが思うリーダー像 人のために犠牲になれる人

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤勝利くん主演の映画「ブラック校則」が公開中。同ドラマも日本テレビ系で毎週月曜24時59分~放送中。Sexy ZoneのダブルA面シングル「麒麟の子/Honey Honey」が好評発売中。(※写真はイメージ/gettyimages)

佐藤勝利くん主演の映画「ブラック校則」が公開中。同ドラマも日本テレビ系で毎週月曜24時59分~放送中。Sexy ZoneのダブルA面シングル「麒麟の子/Honey Honey」が好評発売中。(※写真はイメージ/gettyimages)

 小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」の人気連載「Sexy ZoneのQ&Aステーション」。毎回セクゾのメンバーが読者からの質問に答えてくれます。12月号では佐藤勝利くんが、「リーダーとしてどうやって人をまとめたらいいの?」と悩む読者の質問について、親身に回答してくれました。

【写真特集】キンプリ、キスマイ、キムタク… 蜷川実花が撮った「AERA」表紙たち

*  *  *
【質問】
 勝利くんの映画「ハルチカ」に感動し、中学で吹奏楽を頑張っています。昨年からパートリーダーを任され、人をまとめる大変さを感じています。勝利くんは陸上部の部長だったそうですが、どうやってチームをまとめていましたか?(フルートLOVERさん・15歳)

【回答】
 人をまとめる……。難しいなぁ。陸上部のころはバディ(相棒)みたいな副部長がいて、その副部長がほかの部員に厳しかったんですよね。リーダーっていろんなタイプがいるし。でも、僕が思うリーダーは、人のために何かできる人、かな。どんな相手でもいいところを見つけて、育てて、前に出たり引いたりできる。だから自分が損をしたり、犠牲になることもある。そういうリーダー気質は、僕もちょっとわかる気がして。

 主演映画「ブラック校則」でも、撮影現場では楽しい雰囲気づくりのために、僕がやれることはなんでもやったつもり。そうすることで、僕も含めてみんなのお芝居がよくなるかもしれない。そのためなら引けるし、足せるし、そんなに得意じゃないこともやれるんですよね。それはSexy Zoneでも同じこと。僕らの仕事は結果を出さなきゃいけない。過程をどんなに頑張っても結果に結びつかないこともあるけど、頑張った過程がないと結果なんて出せないから。フルートLOVERさんも、このチームでタイトルを取りたいとか、その先の結果を考えて頑張ってみたらいいんじゃないかな。

 ……いや、う~ん。これは14歳で人生を賭けるものを見つけた僕の感覚だから、それを押しつけたらダメだよね。もっと質問に寄り添わないと……。でもそんなに負担が大きいなら、パートリーダーをやめちゃうっていうのも一つの手だと思うんだ(笑)。先生とかから勝手に任されたわけでしょ。でも人が決めたことでもやってみたら、自分じゃ想像もつかない世界にたどり着けることがあるのも事実。どっちの選択肢もあるんだよってことは言いたいですね。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい