たばこ押しつけ「マジ殺すぞ」 話題の“虐待VR動画”、制作者の願いとは?

2019/11/29 17:00

 子どもの目線で児童虐待を疑似体験できるVR動画。つくったのは、うつになり生きる存在意義を探した会社経営者だ。リアルな描写が、反響を呼んでいる。AERA 2019年12月2日号は、動画制作者に経緯や目的を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く

    「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く

    AERA

    10/15

    なぜ教師が子どもを「いじめ」るのか

    なぜ教師が子どもを「いじめ」るのか

    AERA

    5/12

  • 「母親が浮気してつらい」ラジオに集まる子どもの本音

    「母親が浮気してつらい」ラジオに集まる子どもの本音

    AERA

    1/23

    虐待で子どもを死なせない大原則「48時間ルール」が守られない 札幌の2歳児衰弱事件でもなおざりにされた背景を検証

    虐待で子どもを死なせない大原則「48時間ルール」が守られない 札幌の2歳児衰弱事件でもなおざりにされた背景を検証

    AERA

    7/11

  • 大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    AERA

    12/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す