韓国に「救命ブイを投げない」日本 GSOMIA延長巡りもがく文政権 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

韓国に「救命ブイを投げない」日本 GSOMIA延長巡りもがく文政権

このエントリーをはてなブックマークに追加
牧野愛博AERA
「11分間の対話」の後、東アジア地域包括的経済連携の首脳会議の冒頭、軽く握手した安倍晋三首相(左)と韓国の文在寅大統領 (c)朝日新聞社

「11分間の対話」の後、東アジア地域包括的経済連携の首脳会議の冒頭、軽く握手した安倍晋三首相(左)と韓国の文在寅大統領 (c)朝日新聞社

 日韓関係が悪化するなか、安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領が言葉を交わした。「政治判断」で実現した11分間の会話だったが、事態は好転しなかった。 AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
 韓国が、今月23日午前0時をもって破棄すると通告していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の延長を巡り、もがいている。

 文在寅(ムンジェイン)大統領は11月4日、タイ・バンコク郊外で開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議が開かれる前、控室にいた。文氏は、遅れて入場した安倍晋三首相に近づくや、そばにあったソファに誘った。2人は通訳を交え、11分間会話した。

 韓国大統領府は「会談は真摯な雰囲気だった」「文氏が高位級協議も可能と言及した」とアピールした。

 目を引いたのが通訳と写真だった。文氏も安倍氏も随行していたのは英語通訳。側近によれば、文氏が知っている日本語は「こんにちは」程度だ。会談では文氏が話す言葉を韓国側通訳が英語に直し、それを日本側通訳が日本語に直すという手順で行われた。

 日韓両政府関係者は「外交当局が事前に準備しなかった会談だからだ」と証言する。事前に接触があると予想していれば、お互いに日本語と韓国語通訳を随行させる。

 今回、安倍氏を待ち伏せしたのは文氏。韓国大統領府の政治判断で実現した会談であったことは間違いない。

 次に写真だ。白いソファに座り、膝詰めで話す2人の首脳。真剣な表情だが、穏やかな雰囲気が感じ取れた。

 写真は、随行していた鄭義溶(チョンウィヨン)韓国大統領府国家安保室長が携帯電話で撮影した。控室への入場者は制限されていたが、長官級の鄭氏が写真を撮影したのは、どうしてもこの写真をアピールしたかった意図が感じられる。

 事実、韓国メディアは一斉に翌日の朝刊で、会談を大きく報じた。特に、日本に厳しい論調を取る進歩系のハンギョレ新聞も「両国関係が転換点を迎えているという期待感も高まっている」と伝えた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい