会社帰りに“クイズ体験会”参加も 早押し機はクセになる (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

会社帰りに“クイズ体験会”参加も 早押し機はクセになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
小柳暁子AERA
QUIZ ROOM SODALITE/東京都文京区関口1-2-7奥村ビル2F/金 18:30~21:30、土・日・祝日 11:30~21:00(ただしイベント開催時間により変動)月~木 不定期。イベントは2~3時間制。イベント以外に店員が問題集から出題するフリープレイという枠もある(撮影/編集部・小柳暁子)

QUIZ ROOM SODALITE/東京都文京区関口1-2-7奥村ビル2F/金 18:30~21:30、土・日・祝日 11:30~21:00(ただしイベント開催時間により変動)月~木 不定期。イベントは2~3時間制。イベント以外に店員が問題集から出題するフリープレイという枠もある(撮影/編集部・小柳暁子)

 今、クイズ界は独自の進化を遂げ、より親しみやすいものとなっている。新たな取り組みを記者が追った。

*  *  *
 記者も早押し機を押してみたくなり、「クイズ体験会」に参加した。会場は渋谷のスマートニュース社。男女比は半々だ。「ボタンチェック」と呼ばれる、早押し機が正常に作動するかを確認する動作から始まる。

「まずは押すことが大事です」

 どきどきしながら1問目。問題文の読み上げが始まるとスッと静かになる。緊張感、集中力の共有がたまらない。

「栄養が豊富で、食べた人が元気になりマッサージに行く客が減るため、それが出るとあんまが引っ込むとも言われる、秋の魚はなんでしょう?」

 誰も押さないので押してみた。

「秋刀魚」「正解!」

「正解」コールがこんなに嬉しいものか。好奇心に火が灯る。

 齋藤佳代さん(32)は、年明けに出産予定という大きなおなかでの参加だ。

「ボタンを押した時の音や当たった時の音がテレビと同じ!とテンションが上がった」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい