一つの苗から2種類のキュウリが!? 新聞に載ったB級ニュースたち (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一つの苗から2種類のキュウリが!? 新聞に載ったB級ニュースたち

※写真はイメージ

※写真はイメージ

 このため、数人の選手がつまずいたり、越えられなかったりした。すべてのハードルが正規の高さに戻されたのは、レースの中盤だったという。

■空飛ぶ消火ロボ「ドラゴンファイヤーファイター」参上(2018年5月30日 仙台市)

 水をジェット噴射して空中を自在に移動し、狙った場所に消火ホースを届かせるロボットを、東北大学の田所諭教授(ロボット工学)たちの研究チームが開発した。製造業の会社と協力して実用化を目指すという。

 消火ロボの名前は「ドラゴンファイヤーファイター」。高所など消防士が近づきにくい場所の消火に使う。ホースの先端と中間に装置を取り付け、それぞれ四つの穴から水を噴射して空中を移動する。離れた場所から操作し、熱分布を画像で表す特殊カメラを使って火元を探すこともできる。

 今回の試作機のホースは全長3メートル。今後、10~20メートルに伸ばし、はしご車の先端に取り付けるなど研究を進め、実用化を目指す。

※月刊ジュニアエラ 2018年9月号より


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい