労働者階級に“アンダークラス”が激増 「ほかの階級のために犠牲に」と専門家 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

労働者階級に“アンダークラス”が激増 「ほかの階級のために犠牲に」と専門家

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#働き方

雇用によって階級が発生(AERA 2018年2月26日号より)

雇用によって階級が発生(AERA 2018年2月26日号より)

 かつて多数を占めていた労働者階級が雇用形態で二つに分かれたという。正社員と非正社員の待遇は大きく違い、格差が固定化していく。

 正規雇用者と非正規雇用者には、収入格差、待遇格差がある。雇用形態によって引かれた境界線は、もはや階級ではないか。『新・日本の階級社会』の著者で早稲田大学の橋本健二教授(社会学)はこう語る。

「『格差社会』が流行語になったのは2005年ごろでしたが、現在では格差がさらに広がり、階級社会に突入していると考えています。1970年代後半から30年近くにわたって多くの日本人に信じられてきた『一億総中流』はもはや幻想で、高度経済成長の終わった75年以降、格差は広がり続けています。『中流』は解体しているのです」

 橋本教授によれば、日本社会には四つの階級が存在していた。経営者・役員などの「資本家階級」、雇用される管理職・専門職・上級事務職などの「新中間階級」、雇用される単純事務職や販売職、マニュアル労働などの「労働者階級」、自営業者・農家などの「旧中間階級」。

 戦後、農家の減少に伴い旧中間階級は減少し、代わって増えてきたのが労働者階級だ。50年には就業人口の28.1%だった労働者階級は、80年には50%を超え、00年に58.1%、10年には60.9%を占めている。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   働き方 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加