ノーベル賞・山中教授 iPS論文不正でも「かえって信頼高まる」

2018/01/31 07:00

 今度はノーベル賞受賞の山中伸弥所長のもとで、研究不正が発覚した。厳しい防止策を講じていただけに衝撃は走ったが、大きな傷にはならないようだ。

あわせて読みたい

  • 山中伸弥「iPS細胞でコロナウイルスを克服、健康寿命も延ばす」

    山中伸弥「iPS細胞でコロナウイルスを克服、健康寿命も延ばす」

    週刊朝日

    2/19

    若手研究者「任期つき雇用」増加で「才能の無駄遣いを強いられている」

    若手研究者「任期つき雇用」増加で「才能の無駄遣いを強いられている」

    AERA

    2/23

  • 山中伸弥教授が語るiPS細胞特許をめぐる「仁義なき戦い」

    山中伸弥教授が語るiPS細胞特許をめぐる「仁義なき戦い」

    週刊朝日

    10/30

    ノーベル賞の陰に「ヘタウマ」プレゼン

    ノーベル賞の陰に「ヘタウマ」プレゼン

    AERA

    10/23

  • iPS細胞研究に「ガラパゴス化」の批判の一方、新たな可能性

    iPS細胞研究に「ガラパゴス化」の批判の一方、新たな可能性

    AERA

    12/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す