「無茶だ」社内猛反発 セブン&アイで最も反対されたこと

2014/01/13 07:00

 グループ総売り上げ9兆円を叩きだす、セブン&アイ・ホールディングスのカリスマ経営者・鈴木敏文会長。これまでプライベートブランドであるセブンプレミアムや、米国セブンの経営再建など、常に周囲の反対を押し切って成功してきた。

 そんな彼が、最も「無茶だ」「失敗する」と周囲から強く反対されたのは、2001年のセブン銀行設立のときのようだ。鈴木もこう記憶している。

「周囲は皆、素人が銀行をやってもうまくいくはずないという見方でした。メインバンクの頭取さんが私のところへ来られて、『やめたほうがいい。あなたが失敗するところを見たくない』とおっしゃったくらいです」

 それでもやろうと決断した理由は何か。鈴木はこう話す。

「銀行は、土日は休みだし、午後3時に閉まってしまう。私は、家計は妻任せですが、素人目に見ると、近所のコンビニで夜中でも日曜でもお金が下ろせたら、お客様にとって便利だろう、と当たり前のことを思っただけです」

 しかし「あったら便利」はコンビニでは重要だろうが、銀行にとっては無関係に思える。それに、銀行業をやるには免許が必要だ。誰が考えたって、無理な話だった。

 勝算はあった。

1 2 3

あわせて読みたい

  • セブン&アイ鈴木会長 突然の辞任も「外堀」は埋まっていた?

    セブン&アイ鈴木会長 突然の辞任も「外堀」は埋まっていた?

    AERA

    4/11

    発売中止になったセブンの中華麺 セブン&アイHD会長は「おいしくないから」

    発売中止になったセブンの中華麺 セブン&アイHD会長は「おいしくないから」

    週刊朝日

    10/7

  • セブン&アイ・HD会長が語る「トップの役目」

    セブン&アイ・HD会長が語る「トップの役目」

    AERA

    2/12

    田原総一朗「常に顧客目線だった『流通の神様』に何が起きたのか」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「常に顧客目線だった『流通の神様』に何が起きたのか」

    週刊朝日

    4/22

  • ATMは“コストの塊” 手数料で損しない銀行とは?

    ATMは“コストの塊” 手数料で損しない銀行とは?

    週刊朝日

    7/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す