浜崎あゆみドラマ、まるでコント? TV批評家「あゆ、これでいいのか」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜崎あゆみドラマ、まるでコント? TV批評家「あゆ、これでいいのか」

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系 土曜23:15~)をウォッチした。

【今週のイラストはこちら】

*  *  *
 浜崎あゆみと現エイベックスCEO・松浦勝人の出会いと別れ、あゆのデビュー秘話をつづった同名本のドラマ化。これが期待通りのボンクラドラマで最高だ。なんせ展開が全てお馬鹿。

 まず松浦を思わせるマックス・マサ役が、本人とかけ離れたイケメン・三浦翔平ってだけでもう爆笑。アユ役の安斉かれんは、夜店で売ってるバッタモン・あゆみたいなルックスがちょうど良いあんばいだ。

 マサの秘書・姫野役は、最近エロ悪女といえばこの人・田中みな実。なぜかみかんの皮みたいな眼帯して、ぶどうの実を取り出し、「私の目玉食え~」とばかりにマサの口にねじ込む。と見せかけ自分で食っちゃう。なんなんだよ。

 TKこと小室哲哉らしい輝楽天明(新納慎也)。濃い紫の口紅&ド派手ファッションはTKというより志茂田景樹? マサが三浦翔平なのに、TKが志茂田ってところに深い闇を感じる。

 頭にでっかい羽根飾りつけたボイストレーナーの天馬先生は、イカレキャラやらせりゃ間違いなしの水野美紀だ。キレると突然ドラムをドカスカたたいて、「今度『え?』って言ったら燃やすよ!」バシーン(シンバルの音)。出てくるキャラ全員、R‐1ぐらんぷりのピン芸人みたいだから。

 めくるめくコントで振り返る浜崎あゆみ・愛と涙の半生。これでいいのか、あゆ。太っ腹だな、あゆ。今までこんな半笑い尽くしの実録ドラマってあった?

 巨大ディスコで出会ったアユとマサ。彼女の中に輝きを見いだしたマサは言う。「自分はダイヤの原石だと思うんだ!」。するとアユもすかさずつぶやく。

「アユハダイヤ……アユハダイヤニナル……」。もうね、びっくりするくらい棒読みなんだ。宇宙人かと思うくらい棒読みよ。「アユ、ヤリマス。アユ、ハシリマス」

 天馬先生に「ロウソクの火を揺らさずに歌え」と、民謡歌手の金沢明子がやってたみたいな特訓を命じられるアユ。ロウソクに向かって歌い出す。

「オ~アイラ~ビュ~♪」

 歌にも棒読みってあるんですね。でも、それでいい。周りが濃いキャラばかりで胸やけ起こし始めた頃に、その棒読みちょうどいい。大根ならぬ大根おろしで、ホッと一息つきたい。

 ただ今後、リアルあゆの歌を聴くたびにきっと思い出しちゃうだろう。「オ~アイラ~ビュ~(棒)」を。

週刊朝日  2020年5月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい