23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日

※写真はイメージです (撮影/写真部・松永卓也)

※写真はイメージです (撮影/写真部・松永卓也)

 奇怪なニュースが永田町を揺るがしている。

 2月21日付の英ミラー紙によると、アゼルバイジャン出身で23歳のモデル・ママドゥザダさんがドイツの売春斡旋サイト「シンデレラ・エスコート」を通して、自身の処女を入札にかけたところ、200万ポンド(約2億8800万円)で落札した人物がいた。

「東京の政治家」だというのだ。

 サイト側が「入札者の名前は機密事項」と記載しているため、永田町やネット上では「いくらなんでも、そんな金権政治家はいない」「フェイクニュースじゃないの?」と疑問視する声も上がっていた。そこで本誌が問題のサイト「シンデレラ・エスコート」に取材を申し込むと、仰天の回答があった。

「名前は明かせないが、1カ月以内にママドゥザダさんは、東京の政治家と対面します」

 さらには新たな“事実”をこう暴露した。

「東京の政治家はインドネシアでもう一人の女の子を確実に買っている」

 このニュースはインドネシアの最大の新聞にも載っており、金額は1億5千万円だったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい