AERA dot.

「特別扱いはなし」 叱られても笑顔で学習院JKライフを満喫する愛子さま

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月16日、「オール学習院大合同演奏会」に出演し、チェロを弾いた愛子さま (c)朝日新聞社

4月16日、「オール学習院大合同演奏会」に出演し、チェロを弾いた愛子さま (c)朝日新聞社

 愛子さまはこの春、学習院女子高等科に進学した。4月16日に学習院目白キャンパス(東京都豊島区)で催された「オール学習院の集い」では、母の雅子さまが客席で見守るなか、演奏会でチェロを披露。その後は仲良しのお友達とプライベートな時間を満喫していた。

*  *  *
 にっこり笑ってピースサインをする愛子さま。

 顔を寄せる3人の女の子は、仲良しのお友達たち。ひとりがデジタルカメラを持った手を伸ばし、4人組は自撮り写真をパシャリ。

 高等科進学とともに紺から黒に変わったスカーフが、お姉さんらしい雰囲気を見せる。

 愛子さまの頬にわずかに見えるソバカスは、春休みにご家族でスキー旅行を満喫した名残である。

 今年2月、皇太子さまのお誕生日に公表された「激やせ写真」をきっかけに、愛子さまの深刻な体調不良が明らかになったのはつい2カ月前のことだ。

「実際、私たちでさえ、おやせになったあの姿を目にしたときは、驚きましたよ」(宮内庁職員)

 それでも3月22日の女子中等科の卒業式と4月8日の高等科の入学式には、報道陣に笑顔で、学校生活の感想や抱負を語る愛子さまの姿があった。

「オール学習院の集い」が開かれたこの日。

 2月よりはふっくらしたとはいえ、愛子さまの頬やあごに、思春期の女の子らしい丸みはまだ見えない。

 膝丈のスカートから覗く脚は、標準よりもだいぶ細い。それでも、ふくらはぎにうっすらついた筋肉は春スキーの賜物なのかもしれない。

 そうした世間の心配など杞憂(きゆう)とばかりに、愛子さまはお友達とクスクスと笑い声を立てながら、キャンパスを走り回る。15歳の春を満喫していた。

 愛子さまは、午前中からお昼にかけての演奏会の出番が終わると、お友達とキャンパス内の食堂を目指す。自動販売機で食券を購入するとカレーの列に並び、女子トークを展開しながらランチタイムに突入した。

 お昼を終えた愛子さまたちは、思いたったようにキャンパスの南に茂る森を駆け下りていった。

 目指したのは馬場だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   愛子さま , 皇室 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加