AERA dot.

「アッキード」国会 “籠池砲”で浮上した安倍夫妻の「不仲説」

このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍昭恵氏 (c)朝日新聞社

安倍昭恵氏 (c)朝日新聞社

「事実は小説より奇なり。私が申し上げていることが正しゅうございます」。籠池独演会と化した3月23日の国会での証人喚問。安倍昭恵首相夫人の関与を示す2枚のファクスがマスコミにばらまかれ、返り討ちにするはずだった安倍政権は右往左往。「アッキード事件」の行方は──。

「あの、すみません、業務以外のことはできないんですけど。どういう対応になるかわからないので、官邸のほうに問い合わせて頂いてもよろしいでしょうか」

 本誌の取材に対し受話器の向こう側で当惑している人物は、最近まで首相夫人付職員を務めた谷査恵子氏。現在は出向元の経済産業省に戻っているが、国会で新たに放たれた“籠池砲”で突如、「疑惑の人」となった。

 籠池泰典氏の挑発に激怒し、証人喚問に応じた官邸は当初、建築費が異なる3通の契約書など森友側の過失を突き、籠池証言は虚偽という印象を与えて幕引きにする考えだったという。

「喚問に備え、昭恵さんの身辺を調べ直すと、土地取引へ関与したことを示す2枚のファクスが存在することに気付き、頭を抱えた。ファクスを送った谷さん、昭恵夫人付職員、財務省などから聞き取りした後、谷さん個人の判断で財務省に問い合わせた結果、ゼロ回答、昭恵さんの関与なしという無理筋の話で押し切ろうとなった」(官邸関係者)
 
いつもは冷静な菅義偉官房長官でさえ、「谷氏の個人の頼み」としどろもどろになりながら答弁したが、政治アナリストの伊藤惇夫氏はこう指摘する。

「谷さんが独自の判断で財務省に問い合わせたとは考えにくい。報告を受けているはずの昭恵夫人が関与していないというのも、おかしな話です。首相と夫人との意思疎通が不足し、後手後手になっているように見て取れる」

 自民党の最大の懸念は安倍首相が2月、国会で「私や妻が国有地の売却や小学校の認可にかかわっていれば首相も国会議員も辞める」と断言していた点だ。

「ファクスの存在で『森友案件=昭恵案件』と財務省、大阪府が忖度(そんたく)したことが明白になった。ファクスの存在を知らない安倍さんは疑惑を打ち消そうとムキになり、辞任と口を滑らしたが、言葉が軽すぎる。命取りになるかも。南スーダンでの自衛隊の任務に駆けつけ警護を付与した時も国会で首相は『死人が出たら辞める』と断言したが、治安が悪化し、死者がいつ出てもおかしくない状況になり、撤退させざるを得なくなった。籠池問題は今後、口先だけで逃れられるか危うい。最悪は内閣総辞職も考えないと」(自民党幹部)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   安倍政権 , 森友学園 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加