dot.[ドット]

二階幹事長×菅官房長官対談「小池さんはわれわれと反対のことをすると思ってちょうどいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

左から、菅義偉さん、二階俊博さん、大下英治さん(撮影/横関一浩)

左から、菅義偉さん、二階俊博さん、大下英治さん(撮影/横関一浩)

 不仲説も取りざたされる、安倍政権を支える二枚看板、二階俊博自民党幹事長と菅義偉官房長官が本誌で初対談した。劇場人気が衰えぬ小池百合子都知事、ポスト安倍、そして衆院の解散戦略……。作家の大下英治氏が切り込んだ。

*  *  *
大下:国内では相変わらず、小池劇場が続いてます。

二階:(小池さんに)「どのようなお考えですか」と聞いて差し上げることも大事なことですが、われわれは都政まで本当は手が回らない。東京都のことは都の人でやってもらわないと。都連だからといって、国政の中に紛れ込んで、一緒になって考えろって言ったって無理です。小池さんがこちらと協調してやっていくと言うなら、われわれも意見を言います。ほとんどがこちらの言うことの逆になっていくでしょう(笑)。小池さんだけでなく、メディアの流れも自民党、都連が悪役というか、まあ、これは本能というか、それぞれだからしょうがない。そういう人たちが集まっている世界なんだから。だから、われわれの思う方向の逆にくると思っていたほうがちょうどいい。

大下:小池さんが新党を作ったら影響はあるのでは。

二階:影響がないとは言っていない。

大下:都政に対する注目度は高いが?

二階:それはマスコミのおかげです。

菅:私も全く同じ認識です。みんながあおっているのではないか。

大下:千代田区長選は菅官房長官も応援に入られた。

菅:自民党都連が推薦してますから。応援に行っただけでおもしろおかしく書かれる。解散もそうだが、わーと書かれる、大変ですよ。

大下:都議会では公明党が自民党と手を切りましたが。

菅:公明党は東京都の選挙を一番大事にしてますから。小池さんの公明党への対応がうまかった。

二階:公明党との間には長い長い歴史がある。そんな一つや二つのことで、ゴタゴタするような間柄じゃないです。だから、公明党と自民党との間が政策面でぎくしゃくするだろうと思って楽しみに待っている人がいるなら大間違い。それは政局勘がずれている。これはあんまり表に出してませんが、週1回、自公幹事長、国対委員長交えて、用があってもなくても、必ず1時間、話し合いをすることにしてるんですよ。よっぽどのことがあれば、私も官房長官に連絡するなり、場合によっては総理に連絡するなりということをしておかなくてはならない立場ですけどね。そんなことを一回もしたことないです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   安倍政権 , 小池百合子 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加