日米の羽田昼間発着枠がついに決着、双方1日5便、今後は各社への配分が焦点に 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日米の羽田昼間発着枠がついに決着、双方1日5便、今後は各社への配分が焦点に

このエントリーをはてなブックマークに追加
昼間の羽田から米国へ(イメージ写真)

昼間の羽田から米国へ(イメージ写真)

 羽田空港昼間時間帯発着枠をめぐる日米航空交渉が2月16日から18日にかけて行われ、昼間時間帯で双方1日5便ずつ、深夜早朝時間帯枠(午後11時〜翌午前6時)で双方1日1便ずつの配分で決着した。これにより、日米路線の羽田発着枠はこれまでの深夜早朝時間帯の1日8便から昼夜あわせて1日12便に増枠されることになる。運航開始は2016年冬期スケジュールから(2016年10月末)。

 現在運航中の日米路線はホノルルとロサンゼルスとサンフランシスコの西海岸線のみ。米東海岸への路線は、深夜早朝枠を利用した場合、現地到着も深夜になるため、利便性が悪く、デルタ航空はデトロイト線から、アメリカン航空はニューヨーク線からそれぞれ撤退した経緯がある。2016年冬期スケジュールからは、各社とも合意された昼間便を活用して東海岸に路線展開すると予想される。

 今後は今回合意された昼間時間帯枠について、日米双方の航空会社への配分が焦点となる。日米路線では、スターアライアンスのANAとユナイテッド航空、ワンワールドのJALとアメリカン航空がそれぞれ共同事業を実施している一方、デルタ航空は日本にアライアンスパートナーがないため単独で路線展開をしている。同社は、成田空港をハブと位置づけており、都心に近く競争力の高い羽田の昼間時間帯配分に危機感を強めていた。

 深夜早朝枠については、現地到着時間の利便性からホノルル便になる可能性が高い。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい