「ヘルス」に関する記事一覧

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    皮膚科は夏が患者が多い ヘルペスには要注意、夏場に多い皮膚病は? 医師が解説

    皮膚の病気などを治療する診療科の皮膚科は、夏に患者が多く混雑するそうです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が夏場に気をつけるべき皮膚病について解説します。*  *  * 皮膚科の外来は

    dot.

    7/22

  • オンライン会議で気になる顎のたるみを解消 インストラクターおすすめの20秒ピラティス

     すっかり馴染んだ在宅でのオンライン会議。ただ、その会議中の画面に容赦なく映し出される自分の顔……とくにたるんだ顎ラインには馴染みようがない。1時間もずっと、そこにある「た

    dot.

    7/20

  • 「スッと入眠できて、しっかり熟睡できる」おすすめ栄養素ベスト3

     痩せたい、熟睡したい、賢くなりたい、ストレスに強くなりたい…。人類の生活環境が激変するなかで、現代人はかつてなく多様な悩みを抱えるようになった。本連載では、全米で話題沸騰中、国内では本

    ダイヤモンド・オンライン

    7/20

  • 「腸活」は毎日の便の状態のチェックから 心の不調、肌の老化にも影響する腸の役割を医師が解説

     腸の健康が全身に及ぼす影響について、活発な研究が行われています。腸の状態が悪いと、便秘や下痢などの便通異常だけでなく、感染症、アレルギー、肥満、糖尿病、動脈硬化、がん、歯周病、うつなど、様々な病気の

    dot.

    7/20

  • 子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    子宮筋腫は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響を受けて大きくなる。そのため、女性ホルモンの分泌がさかんな20~40代の人に多く、40代では3~4人に1人が筋腫をもっているといわれる。子宮筋腫の治

    dot.

    7/19

  • 夏も脳梗塞などの脳血管疾患に注意! 医師が実践する「血液を健康に保つ」生活習慣

     脳梗塞などの脳血管疾患は、寒い冬に起こりやすいと思ってはいませんか? 実は夏も発症しやすく、その原因は脱水にあります。こまめな水分補給で脱水を予防すると共に、日頃から、血液の健康を意識することが大切

    セルフドクター

    7/19

この人と一緒に考える

  • 女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性のおよそ4人に1人がかかるといわれる子宮筋腫。無症状のことも多いが、筋腫ができる場所によっては月経が重くなるなどの症状がみられる。筋腫の種類と起こりやすい症状、受診の目安などについて専門医に聞いた

    dot.

    7/18

  • 若林健史

    若林健史

    歯ぐきから血が出るけど忙しくて歯医者に行けない。悪化させない方法はある?

    歯みがきの後に、歯ぐきから血が出ることが増えた。巷(ちまた)では、歯周病のサインといわれているし、歯医者に行ったほうがいいことはわかっている。でも忙しくてすぐには行けない。このような場合に、悪化させな

    dot.

    7/18

  • 夏の脱水は脳血管疾患リスクに 医師が教える「血液を健康に保つ」食養生

     脳梗塞などの脳血管疾患は、寒い冬に起こりやすいと思ってはいませんか? 実は夏も発症しやすく、その原因は脱水にあります。こまめな水分補給で脱水を予防すると共に、日頃から血液の健康を意識することが大切。

    セルフドクター

    7/15

  • この夏の「第7波」との向き合い方 医師が3回目接種を薦める理由

     夏休みを目前に控え、国内外で人の動きが活発になっている。 一方で気になるのが感染の再拡大だ。「第7波」とどう向き合えばいいのか。AERA 2022年7月18-25日合併号から。*  *  * 人出が

    AERA

    7/13

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    コロナ感染再拡大 ワクチン4回目接種を医療従事者が受けられない不安と疑問

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウイルス感染者再拡大」について、NPO法人医療ガバナンス研

    dot.

    7/13

  • 医師も危険視する薬 やせ薬で心臓弁膜症、睡眠剤で骨折リスクも

     私たちの健康のために、なくてはならない存在になっている薬。便利な半面、副作用による体への悪影響もあり、メリット・デメリットを比較すると使用しないほうが良いと言わざるを得ないものもある。*  *  *

    週刊朝日

    7/12

この話題を考える

  • 医師が語る注意すべき薬 必要のない人にも処方されがち

     新型コロナウイルス感染症の流行で、外出自粛による受診控えや、治療の中断を余儀なくされた人もいるだろう。 持病を放置してはならないが、飲む必要がない人にまで薬が出されることも少なくない。薬には副作用が

    週刊朝日

    7/11

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    脇や手に汗をかきすぎるのはどうしたらいい?皮膚科医が解説 脇汗を抑える薬も

    暑くなれば汗が出るものですが、あまりに出すぎる人はどうすればいいのでしょうか。そもそも汗の機能とは? 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が汗とその対策について解説します。*  *  * 

    dot.

    7/8

  • 仕事もプライベートも“リア充”のはずが円形脱毛症に…心身の不調を見落としがちな理由とは

     少し無理をしてでも、仕事には全力で取り組みたい──。そう考える社会人は多いだろう。だが、無理が重なれば、心身に不調をきたすこともある。AERA 2022年7月4日号から。*  *  * 仕事もプライ

    AERA

    7/4

  • 歯磨きしながらのかかと運動、温泉、アロマ…メンタルヘルスに有効なプチルーティンとは

     仕事に無理して取り組みすぎた結果、心身に不調をきたす人は少なくない。心身共に健康的に生きていくための解決策とは。AERA 2022年7月4日号から。*  *  * ストレスフルな社会を健康的に、美し

    AERA

    7/4

  • 目が見えにくい「まぶたが下がる」病気とは? 額のしわや疲れた表情、頭痛や肩こり発生も

    「まぶたが重く、ものが見えにくい」など、まぶたが下がることで不快な症状に悩まされる「眼瞼下垂」(がんけんかすい)。高齢者を中心に幅広い年代にみられる病気だが、どのように治療するのだろうか。その治療方法

    dot.

    6/29

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    記録的な高温に「暑熱順化」できてない体にマスク、インフルエンザ流行…この夏の女医の懸念

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「記録的な高温の夏に気になること」について、NPO法人医療ガバナンス研

    dot.

    6/29

3 4 5 6 7

カテゴリから探す