「ヘルス」に関する記事一覧

  • あなたの「疲れ」は6タイプのうちどれ? 漢方専門医が教えるチェックリストと対処法

     疲れの基本的な対策は食事と睡眠ですが疲れの原因に応じたケアを行うとさらに効果的です。前編に続き、後編では、女性の疲れをタイプ分けし、その解決策を東京女子医科大学附属東洋医学研究所所長の木村容子先生に

    セルフドクター

    12/28

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説

     多くの人が新型コロナウイルスのワクチン接種1、2回目を終え、次は3回目接種という状況になってきました。気になるのは、やはり副反応。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、3回目接種前に知

    dot.

    12/24

  • 「週1大量飲酒」と「週7ちびちび飲み」、体に悪いのはどっち?

    「少量のアルコールは体にいい」は本当か? アルコールとの付き合い方は予防医学において極めて重要です。 まずアルコールの摂取はがんのリスクを上げます。世界がん研究基金/米国がん研究協会(AICR)の報告

    ダイヤモンド・オンライン

    12/22

  • 延命治療はどうする? 元気なうちに“自分の意思”を表明しよう!

    「延命治療を望まない」という意思があったとしても、それを周囲に伝えておかないと、いざというときに、望まない治療を受けることになりかねない。家族が判断に困ることにもなってしまう。元気なうちに準備しておく

    週刊朝日

    12/21

  • テレワーク明け「出社がきつい」の相談増 医師が教える“在宅時差ぼけ”解消法

     緊急事態宣言が解除されて約3カ月。テレワークから出社に切り替わったという人も少なくないだろう。テレワーク明け以降、「出社がきつい」と不調を訴える相談が増えているという。どう対策すればいいのだろうか。

    AERA

    12/20

  • ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

     オミクロン株の登場を受けて、岸田文雄首相はワクチンのブースター接種の前倒しを表明した。3回目の接種で変異株にどれだけの効果が期待できるのか。AERA 2021年12月20日号から。*  *  * 懸

    AERA

    12/15

この人と一緒に考える

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    解明が進むオミクロン株 感染力、重症度は?ワクチン効果は?女医が解説

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「オミクロン株の実態」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医

    dot.

    12/15

  • ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

     ワクチン接種完了後7カ月で新型コロナウイルスに対する中和抗体価は大きく下がる。 高齢者ほどその傾向が強く、早めのブースター接種が望まれる。AERA 2021年12月20日号から。*  *  *&nb

    AERA

    12/14

  • 花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

     治療の普及や進歩で、ぜんそくの重症化率・死亡率は大幅に減少した。一方で、吸入薬が継続できていない、正しく吸えていない、合併症があるなどが原因で、症状が完全に治まらない場合が多いことが問題になっている

    dot.

    12/12

  • 冷え対策、美肌、風邪予防に! 身近な材料で作れる「ハーブチンキ」で心身を健やかに

     いよいよ冬本番、植物の力を活かした「チンキ」で体を温めてみませんか?心身を整えるのに有効なチンキの魅力や作り方を植物療法の専門家・池田明子先生に教えていただきました。(自分で自分の健康を守るための健

    セルフドクター

    12/8

  • 日本人に多い「腸を汚すうどん」の食べ方、残念4NG

     世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「

    東洋経済

    12/7

  • トイレに行く回数で変わる? 脳に毒がたまる人の習慣

     現代人の脳には“毒”が溜まっている! 無意識に溜まった脳の“毒”を出して脳がみるみる若返る食事法を紹介する脳の若返りと認知症治療の専門医・白澤卓二医師

    ダイヤモンド・オンライン

    12/7

この話題を考える

  • 日本人研究者が効果を明らかにした「抗老化物質」 摂取で「抗しがたい眠気」も

     老化を抑えて寿命を延ばす可能性がある物質「NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)」が世界的に注目されている。老化研究の世界的権威・米ワシントン大学教授の今井眞一郎さんの研究がきっかけとなり、その

    AERA

    12/6

  • 若さを補って創造性を高める? アンチエイジングで注目の「NMN」、飲用で体の変化は

     老化研究の第一人者・米ワシントン大学の今井眞一郎教授が、気鋭の音楽家・渋谷慶一郎さんと初対面。今井教授が研究している、老化を抑えて寿命を延ばす可能性がある物質「NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチ

    AERA

    12/6

  • オミクロン株警戒も空港検疫に“穴”? 「抗原検査ではなくPCR検査をすべき」と専門家指摘

     新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の世界的な感染拡大を受け、政府は矢継ぎ早に水際対策の強化に乗り出している。しかし、専門家のあいだで、対策の要である空港検疫の「穴」を指摘する声が上がっている

    dot.

    12/3

  • 30分以上の昼寝は逆効果、理想は15~20分 パフォーマンスを上げる仮眠のコツ

     ランチを食べたら眠くて仕方がない。午後の仕事に向き合うにも昼寝が一番。在宅勤務なら気にせずスヤスヤ。だけど寝過ぎは禁物。AERA 2021年12月6日号は、仕事のパフォーマンスを上げる昼寝のコツを紹

    AERA

    12/2

  • 短時間の昼寝にストレス解消、パフォーマンス向上効果 寝不足の日本人こそ必要

     ランチ後に眠気が襲われ、午後の仕事に身が入らないという人も少なくないだろう。仕事のパフォーマンス向上には昼寝が最適だ。そこには日本人ならではの事情もある。AERA 2021年12月6日号から。*  

    AERA

    12/1

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    コロナ新変異株オミクロン株国内初確認 日本のワクチン追加接種で女医が疑問に思うこと

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新変異株とワクチン3回目接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究

    dot.

    12/1

1 2 3 4 5

カテゴリから探す