江本孟紀「亡くなる直前、私の体調を心配していた星野仙一」

野球

2018/01/06 13:25

「闘将」と呼ばれた楽天の星野仙一球団副会長が4日、すい臓がんのため、死去した。70歳だった。楽天によると、星野氏は1月4日(木)午前5時25分に永眠。16年7月に急性膵炎を発症したことをきっかけに膵臓癌であることが判明したという。

あわせて読みたい

  • “闘将”星野仙一 実は「いつも自分でプレゼントを選ぶ気配りの人」

    “闘将”星野仙一 実は「いつも自分でプレゼントを選ぶ気配りの人」

    dot.

    1/6

    “闘将”星野仙一「監督をやると、神経、内臓、心臓をやられるね」と在りし日に語る

    “闘将”星野仙一「監督をやると、神経、内臓、心臓をやられるね」と在りし日に語る

    週刊朝日

    1/6

  • 江本孟紀「学生時代から闘将だった星野仙一さん、大学野球で挫折を味わった俺」

    江本孟紀「学生時代から闘将だった星野仙一さん、大学野球で挫折を味わった俺」

    dot.

    5/2

    江本孟紀が実名暴露しても訴えられなかった理由 「プロ野球本」の歴史を変えた男

    江本孟紀が実名暴露しても訴えられなかった理由 「プロ野球本」の歴史を変えた男

    dot.

    12/19

  • 星野仙一、衰えぬ闘志…球界のため「野球クジ」導入も提唱していた

    星野仙一、衰えぬ闘志…球界のため「野球クジ」導入も提唱していた

    dot.

    1/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す