9条改憲にブレーキかける公明党 そこにある創価学会・名誉会長の言葉とは (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

9条改憲にブレーキかける公明党 そこにある創価学会・名誉会長の言葉とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
投開票の翌日(23日)に党首会談を行い、今後の連立政権の維持を確認した安倍晋三首相(右)と、公明党の山口那津男代表 (c)朝日新聞社

投開票の翌日(23日)に党首会談を行い、今後の連立政権の維持を確認した安倍晋三首相(右)と、公明党の山口那津男代表 (c)朝日新聞社

 改憲派にもさまざまな主張がある。9条2項を残して加憲しようという人たちと、2項削除を譲らない人たちの意見が自民党内で割れているうえ、この先、「自衛隊を国軍に」という議論も出てくるに違いない。そうなれば、平和と福祉の党を掲げる公明党としては、絶対に譲れない。

「戦争ほど、残酷なものはない。
 戦争ほど、悲惨なものはない。」

 そんな書き出しで小説『人間革命』は始まる。作者の池田大作氏は公明党の支持母体、創価学会の名誉会長を務める戦後宗教界の代表的人物だ。

 公明党関係者は「名誉会長が大事にしたのは、憲法前文と9条を合わせた平和主義。『そこの精神を変えることは断じてダメだ』」と池田氏の発言を引き、創価学会員の受け止め方と公明党の政治姿勢をこう表現する。「だから、学会員は9条をないがしろにするような動きには絶対反対する。公明党もそれがわかっているから、簡単には首相提案に乗れないわけです」(解説/朝日新聞編集委員・藤生明)

【キーワード:公明党】
創価学会(1930年創立、当時は創価教育学会)を支持母体に64年に結党された。93年に細川護熙非自民連立政権に参画。99年以降は自民党と組み、政界での影響力を決定的にした。衆院小選挙区の各区に2万・万票を持つとされる集票力は、自民党議員にとっても最大の応援団との声も。

※月刊ジュニアエラ 2017年12月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい