「どうやって子どもができるの?」にどう答えるか… 子どもの「性」6つの心得 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「どうやって子どもができるの?」にどう答えるか… 子どもの「性」6つの心得

このエントリーをはてなブックマークに追加
コウノトリは赤ちゃんを運んでこない?(※イメージ写真)

コウノトリは赤ちゃんを運んでこない?(※イメージ写真)

(1)セックスについて聞かれたら、ごまかさずにきちんと話す
男女の性に関する質問は、予期せぬタイミングで突然くるもの。身体の発達や性について、ちゃんと答えられるように備えておきましょう。性や体に関する本を一緒に読むのもおすすめ。「あなたは鳥が運んできてくれた」などのごまかしはNG。子どもの心を傷つけることになります。

(2)夫婦仲を振り返ってみる
子どもにとって、両親は自分の根幹。夫婦関係がぎくしゃくすると、子どもの心も不安定になります。時には、おもらしをするようになったり、問題行動を起こしたり、将来の男女関係に悪影響を与えることも。今一度夫婦仲を振り返って、家庭環境の改善を考えましょう。

(3)子どものマンガや本、タブレットは親も目を通しておく
異性の体に興味を持つ頃。性的な情報を目にすることも多くなります。とはいえ、性の仕組みをきちんと知る前に、間違った情報に触れることは避けたいもの。タブレット類は、有害な動画などを見られないようにフィルターをかけて。マンガや本は、親も中身を確認しておきましょう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい