宅配業者を救え! ヤマトが見直したサービスとは

企業

2017/06/07 16:00

 宅配業者大手のヤマト運輸が、配送料の値上げや、取り扱う荷物の個数を抑えて労働環境改善に取り組むなど、宅配業界が危機的状況にあるという。どうすればいいのだろうか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞経済部・内藤尚志さんの解説を紹介しよう。

あわせて読みたい

  • アマゾン送料「有料化」で変わるか 過酷すぎる配送業の実態

    アマゾン送料「有料化」で変わるか 過酷すぎる配送業の実態

    AERA

    4/19

    【ニッポンの課長】ヤマト運輸「最後の1マイルを走れ」

    【ニッポンの課長】ヤマト運輸「最後の1マイルを走れ」

    AERA

    11/10

  • 宅配に「届けない」新形態 背景には19.6%の再配達

    宅配に「届けない」新形態 背景には19.6%の再配達

    AERA

    12/27

    “一家に一台”時代到来? 宅配ボックス業界「まだまだ伸びしろがある」

    “一家に一台”時代到来? 宅配ボックス業界「まだまだ伸びしろがある」

    週刊朝日

    6/8

  • ヤマトを蝕む「ノルマ地獄」、違法残業騒動1年後の実態

    ヤマトを蝕む「ノルマ地獄」、違法残業騒動1年後の実態

    ダイヤモンド・オンライン

    5/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す