前途多難の北方領土「特区」構想 “返還”遠のく可能性も

ジュニアエラ

2017/03/16 07:00

 昨年12月に行われた、日露首脳会談で合意した北方領土の「特区」構想。日本の「本命」である返還や平和っ条約締結の可能性は高まっているのだろうか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞政治部・小林豪さんの解説を紹介しよう。

あわせて読みたい

  • 北方領土交渉、日本はプーチンに「足元を見られている」?

    北方領土交渉、日本はプーチンに「足元を見られている」?

    AERA

    1/22

    北方領土返還やっぱりプーチンに騙された“お坊ちゃま首相”

    北方領土返還やっぱりプーチンに騙された“お坊ちゃま首相”

    週刊朝日

    12/2

  • 北方領土交渉のキーマン 鈴木宗男があえて断言「プーチン大統領が決断し、2島は戻ってくる」

    北方領土交渉のキーマン 鈴木宗男があえて断言「プーチン大統領が決断し、2島は戻ってくる」

    週刊朝日

    2/14

    北方領土「2島先行返還」は日本にとって損か得か?

    北方領土「2島先行返還」は日本にとって損か得か?

    ダイヤモンド・オンライン

    10/3

  • 安倍首相の野望を幻に終わらせた側近の一言

    安倍首相の野望を幻に終わらせた側近の一言

    AERA

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す