ライバルは東洋経済…1億人が読む”あの経済メディア”が日本上陸 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ライバルは東洋経済…1億人が読む”あの経済メディア”が日本上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
記者の質問に答えるビジネスインサイダー・谷古宇浩司・日本版創刊編集長(左から2番目)

記者の質問に答えるビジネスインサイダー・谷古宇浩司・日本版創刊編集長(左から2番目)

 フォーブズやフィナンシャル・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナルなど、日本語でも読める海外の経済誌は少なくない。これらに1月16日からもうひとつ、新しい経済メディアが加わることになった。ビジネスインサイダーである。

 もっとも、この名前に聞き覚えのある人も少なくないだろう。ビジネスインサイダーは2009年に米国・ニューヨークで開設されたニュースサイトで、デジタルのみで運営されている。創業からまだ8年目だが、世界中で1億人の読者を持っている、今一番勢いのあるメディアの一つだ。

 16日に開設した日本語版ビジネスインサイダーは、ITメディア「ギズモードジャパン」などを運営するメディアジーン(本社・東京都渋谷区)が発行ライセンスを得た。「ミレニアル世代」と呼ばれる、2000年以降に成人した40代以下の世代を主要読者に想定している。米国版ビジネスインサイダーは世界中のニュースをすぐに読めることを強みとしているが、こうした情報を日本語で読めるようになった。さらに、翻訳された記事だけではなく、日本発の経済ニュースなど日本版独自の記事も配信する。

 16日に都内で開かれた会見で、谷古宇浩二・日本版創刊編集長は「翻訳記事が中心となるが、独自の記事も4割ぐらいに増やしていきたい。『東洋経済』をライバルとして、若い世代の読者を着実に獲得していければ」と抱負を語った。今年6月までに月間600万PVを目指す方針だという。(ライター・河嶌太郎)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい