コロナ禍でも増え続けている中学受験者。はじめての中学受験では、親が迷うことがたくさんある。「志望校はどう選べばいい?」「共学と男女別学、どっちがいい?」「大学付属校はオトク?」――中学受験に詳しい「賢人」たちに聞いた。AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)から、一部抜粋して紹介する。

MENU ■新設校と伝統校、どちらがいい? ■説明会、参加のポイントは?
中学受験指導塾代表・矢野耕平さん
中学受験指導塾代表・矢野耕平さん

*  *  *

■第1志望校を決めるポイントは?

 学校選びの軸として中学受験の賢人たちがそろって挙げるのが「スクールカラー」。スタジオキャンパス代表の矢野耕平さんはその極意を次のように話す。

「偏差値や学校名にとらわれず、子どもをどういう人物に育てようとしているか、どういう人間を世に出そうとしているのか。この一点を尺度に学校を見ると違いがよくわかります。これはと思う学校は、まずは説明会を聞く。そのうえで実際に学校に足を運んで、在校生の様子を観察してください。スクールカラーがよく見えてきます。そして違和感なくわが子の姿を重ねられるかをチェックしてみることです」

 長男、長女を私立一貫校に通わせるブロガーのkanaharuさんは、説明会での校長先生の話に注目し、志望校を絞ったと振り返る。

「実感したのは、校長先生が語る教育方針がそのまま校風に反映されているということ。進学実績を前面に掲げる学校は、実際に勉強第一の学校で、わが子に合うかどうかを見極める手がかりになりました」

 親の判断だけでなく、子ども自身が通いたいと思っているか、魅力を感じているかも尊重すべきだと早稲田アカデミー中学受験部次長の東広樹さんは話す。

■共学と男女別学、どう選ぶ?

 共学と男女別学のどちらがいいかを決める必要はないというのは家庭教師・齊藤美琴さん。

「別学か共学かというところにも、学校の理念があります。例えば女子校なら、女子だけの環境で学ぶことに意味を持たせているわけです。別学から共学化する学校が人気を集めていますが、なぜ変えるのか。また、なぜ変えずに別学なのか。学校の校訓を丁寧に拾い、何を大切にした教育なのかをじっくり見てほしいと思います」

著者 開く閉じる
深津チヅ子
深津チヅ子
岡田慶子
岡田慶子
1 2 3 4