いざ子どもが不登校になったとき、つらそうなわが子を目の当たりにすると、親の心配や不安は尽きないもの。「こんなとき、どうすればいい?」という保護者の悩みに、「不登校新聞」編集長の石井志昴さん、臨床心理士の南谷則子さんが答えてくれました。現在発売中の『AERA with Kids 2022年夏号』で紹介している10のQ&Aから、一部を抜粋してご紹介します。

MENU ■一度休んだら、休み続けてしまわないか心配。 ■「甘え」 と「甘やかし」 の判断が難しい。 ■休んだ日、 家で勉強させる? ■家でずっと一緒にいるとイライラしてしまう。
*  *  *

■一度休んだら、休み続けてしまわないか心配。

「無理に学校に行かせるようなことをしなければ、だいたいの子は数日か1週間ほどで学校に戻りたくなるでしょう。もちろん、一度休んだことをきっかけに不登校になるケースもゼロではないですが、それは、その子がそれだけ心に傷を負っているということ。ストレスは蓄積された分、回復にも時間がかかります。1週間以上休みが続く場合は、保護者だけで結構ですので、スクールカウンセラーやかかりつけの小児科医などに、お子さんの様子を一度相談してみてください」(石井さん)

■「甘え」 と「甘やかし」 の判断が難しい。

「不登校に関していえば、甘えや怠けから『学校に行かない』ということはありません。表面的にはそう見えても、内面には必ず不安や葛藤があります。なので学校にまつわる『行きたくない』という子どもの要望は基本的にすべて受け入れてOK。

 学校を休むようになり、感情の噴出が始まると、親は『甘え』と『甘やかし』の判断を日々迫られるようになります。暴言を吐いたり、泣き叫んだり、しつこく甘えてきたり、『なるべく子どもを受け入れよう』と思っていても、現実問題として難しい場合も。そのときは、『精神的な甘えはすべて受け入れ、物理的な甘えは切る』のがいい。欲しいものを何でも買い与えることはもちろん、親を仕事に行かせないといったことも、ある程度は物理的な甘えに入ると思います。

 度を越したわがままを言うのは、自分のことをどこまで受け入れてくれるのか、『試し行動』をしているから。何から何まで子どもの言うとおりにしたり、先回りしてあれこれやってあげたりする必要はありません。不安や寂しさからくる『甘え』と感じるときのみ、たっぷりと甘えさせてあげましょう」(石井さん) 

著者 開く閉じる
高橋亜矢子
高橋亜矢子
NEXT休んだ日は、家で勉強をさせる?
1 2