時代を超えて絶大な人気を誇っている宝塚歌劇団。華やかな舞台に魅了されて、タカラジェンヌになりたいとあこがれる人はたくさんいる。宝塚歌劇団員にはどのような学校の出身者がいるだろうか。

MENU 戦前から多くのタカラジェンヌが輩出した梅花中学・高校 梅花と同率一位は日本女子大学附属 “自己表現が大好き”という気風が受け継がれている東洋英和女学院 多くのタカラジェンヌを生み出してきた予備校も 高校を退学してタカラジェンヌを目指す場合も

* * *

 雑誌「宝塚おとめ」最新版(宝塚クリエイティブアーツ)には、宝塚歌劇団の専科、花組、月組、雪組、星組、宙組、研究科1年生のタカラジェンヌに関する出身地、出身校などのプロフィルが掲載されている。同書から、宝塚歌劇団員の出身高校を集計し、ランキングを作ってみた。

宝塚歌劇団員の出身高校ランキング(『宝塚おとめ 2023年版』(宝塚クリエイティブアーツ 2023年)から集計)
  • 1位 日本女子大学附属(神奈川)、梅花(大阪)14人
  • 3位 帝塚山学院(大阪)7人
  • 4位 東洋英和女学院(東京)6人
  • 5位 雙葉、八雲学園(以上、東京)、松蔭、宝塚北、武庫川女子大学附属、百合学院(以上、兵庫)、福岡女学院(福岡)4人

 梅花高等学校、日本女子大学附属高等学校、東洋英和女学院高等部をたずねた。

戦前から多くのタカラジェンヌが輩出した梅花中学・高校

 宝塚歌劇団に入るためには宝塚音楽学校を卒業しなければならない。

 梅花中学・高校は、2023年度宝塚音楽学校の合格実績をこう伝えている。

「2023年度宝塚音楽学校 合格速報 梅花生が10年連続合格/3月29日(水)2023年度宝塚音楽学校入学試験の合格発表があり、高等学校 舞台芸術専攻の生徒が見事合格しました。今年度は40名の定員に対して、612名が受験し、倍率15.3倍の難関を突破しての合格です。梅花中学校・高等学校からの合格は10年連続となり、日本最多の123名を更新しました」(同校ウェブサイト2023年3月29日)

 梅花は戦前から今日まで多くの宝塚歌劇団員を送り出してきた。

 最近では、宝塚音楽学校に2014年から23年まで10年連続で合計20人が受かっている。それ以前は2002、03、04、06、07、10年に合格者を出した。この間、3人受かった年が3回ある。

 歴史をさかのぼれば、1年に8人を送り出したこともあった。宝塚歌劇の代表作「ベルサイユのばら」のオスカル役を務めた元トップスターの安奈淳さんも同校出身である。

著者 開く閉じる
小林哲夫
小林哲夫
NEXTなぜ梅花出身が多い?
1 2 3 4