発達障害・グレーゾーンの親子コミュニケーション 「やっていいこと」を具体的に伝えるのがコツ

AERA_with_Kids

2021/10/15 08:00

 発達障害・グレーゾーンの子どもたちとのコミュニケーションはどうすれば親子関係がうまくいくのでしょうか。子どもの特徴を「個性」と認めたくても、実際は怒ってばかりだったり、子育てに自信をなくしたり。少しでもお互いがラクになれるような、コミュニケーションのヒントを紹介します。教えてくれたのは、発達障害・グレーゾーンのお子さん3人の子育てをしながら、親の目線で具体的なコツやアイデアを発信する大場美鈴さんです。発売中の「AERA with Kids」秋号から一部抜粋します。

あわせて読みたい

  • 支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

    支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

    AERA

    5/24

    休校中にもし子どもが発達障害だとわかったら? まずは知っておきたい3つのタイプ

    休校中にもし子どもが発達障害だとわかったら? まずは知っておきたい3つのタイプ

    AERA

    4/24

  • 発達に「特性」がある子に心がけたい声かけとは? 厳しいしつけは逆効果

    発達に「特性」がある子に心がけたい声かけとは? 厳しいしつけは逆効果

    AERA

    3/19

    ある“事件”がきっかけで我が子の発達障害を知った…母親たちの苦悩と願い

    ある“事件”がきっかけで我が子の発達障害を知った…母親たちの苦悩と願い

    AERA

    6/19

  • 理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    AERA

    5/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す