マヨネーズ購入量世帯当たり全国1位は鳥取市 お隣の島根県・松江市はドレッシング派 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マヨネーズ購入量世帯当たり全国1位は鳥取市 お隣の島根県・松江市はドレッシング派

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#ジュニアエラ
「ジュニアエラ12月号」夕日新聞 (イラスト/横山みゆき)

「ジュニアエラ12月号」夕日新聞 (イラスト/横山みゆき)

 事実は小説より奇なり。朝日新聞が少し前に報じた国内外のB級ニュースを、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で、“夕日新聞社”としてピックアップ! 脱力系のニュースに肩の力が抜けたり、笑顔がこぼれたりすること間違いなしだ! 2020年12月号からその記事を紹介する。

■売れないプランター ネコの「高級ベッド」に(2020年9月25日 岐阜県)

 岐阜県中津川市の旧付知町地区は、伊勢神宮の御用材にもなる良質なヒノキの産地として知られる。その付知産ヒノキで作ったネコのベッドが人気だ。

 名付けて、「付知ヒノキの高級ねこプランター」。元々は花のプランターだったが一つも売れず、「うちのネコはベッドにするかも」と、あるスタッフが飼い猫2匹で試してみたところ、気持ちよさそうに中に入った。「売るにはこれしかない」とスタッフの意見が一致。ネコの体が蒸れないように底に隙間を作る改良も加え、ベッドとして売り出した。

 サイズは横45センチメートル、奥行き21センチメートル、高さ18センチメートル。ヒノキの香りがほんのり漂う。SNSで話題になり、予約注文する人が殺到しているという。

 なにかと箱に入りたがるネコの心をわしづかみ。

■シジュウカラのひなに スズメがえさやり(2020年9月13日 東京都)

 東京都杉並区の住宅街に住む男性が庭に巣箱を据えたところ、2年前からシジュウカラが巣作りを始めた。2020年は7月半ばに産卵。8月に入るとえさを運ぶ親鳥の姿を目にする一方、スズメが近づくことも増えた。

 男性はホースの水でスズメを追い払っていたが、観察を続けると、ひなにえさを届けているのがわかった。えさやりに励むスズメは2羽。親鳥が近づくと威嚇して取っ組み合いになり、スズメ同志も鉢合わせするとけんかに。「『自分こそ親鳥』と主張しているようでした」。騒動の中、4羽のひなは巣を離れた。

 ひなは、えさがたくさんもらえてラッキーだったかも。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい