物事のプラスとマイナスを知っていれば、都合のいい自己解釈をしにくい 新しいステージに挑戦する人にしいたけ.さんがアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

物事のプラスとマイナスを知っていれば、都合のいい自己解釈をしにくい 新しいステージに挑戦する人にしいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
占師、作家 しいたけ.

占師、作家 しいたけ.

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

【絵でわかる】しいたけ.流“タイプ別トラブル回避法”

*  *  *
Q:4年間ホテルで調理の仕事をしてきました。やりがいもありましたが、ハードな立ち仕事と精神的疲れで、悩んだ末に退職しました。お客様に美しい料理や空間を提供できる仕事が好きで、今はカフェでアルバイトをしています。キッチンカー開業を決意しました。決意表明を聞いてほしくてメールしました。(女性/アルバイト/24歳/おとめ座)

A:決意表明ありがとうございます。今回、僕からは特に言うことはありません。というのは、あなたは物事のプラスとマイナスを知っている人だから。ホテルで調理のお仕事をしてきて、やりがいと幸せ、つらさやきつさ、両方を知っている。これから何をするにしても、両面が見られる人なら、うまくいく可能性が高いと思います。きつい中でも、どうやったら人が喜んでくれるか、きちんと考えていく人だろうから。もしキッチンカーを始められたら、僕は絶対食べに行きたいです。

 この決意表明に対して、一つ自分の話をさせてください。僕が占いの仕事を始めるときのこと。僕には兄がいるんですが、一つ条件を付けられました。必ず一度は就職活動をしろ、と言われたんですね。

 自分ルールだけで生きる前に、世間のルールを知りなさいという意味だったと思います。占いを始めてからも、兄は自分の会社の飲み会に僕を呼びました。僕ぐらいの年齢の人たちが組織という場所でどんな苦労をしているのか。占いの代金として僕に支払われるお金が、どんな思いで働いて得たものなのか、知っておくようにと、うるさく言われました。今でもすごくありがたいなと思っています。

 世界や世間を知ることは、時には見たくないものもあるけど、一生役に立つ勉強になります。自分が勝てばオーケー、じゃない。何て言うのかな。どこかでブレーキになってくれる気がするんです。「やりたいことをやっていい」というルールの中で、自分だけが勝手なことをしちゃいけない、っていう。結局はそれが自分の信用にも繋がります。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい