ドリルだけでは身につかない!「手を動かす遊び」が将来の算数力をつけてくれるワケ

AERA with Kids

2020/07/24 11:30

「わが子には算数好きになってほしい」「将来、算数の勉強で苦しんでほしくない」と考える親は多いもの。少しでも早く慣れてほしい一心で、幼児期から計算ドリルなどを先取り学習させる熱心な人もいるでしょう。横浜市にある算数中心の学習教室「あるが学習教室」塾長で、幼児さんすうシニアインストラクターの資格を持つ有賀敦子さんは、「算数力をつけるためには、小さいうちから手を動かし、試行錯誤する体験が大切」だと言います。「AERA with Kids夏号」(朝日新聞出版)では、手を動かす遊びが大切な理由や幼児期から身につけておきたい数の概念、オススメの教材について教えていただきました。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す