「不平等に対する復讐」 中村哲医師が人生をアフガニスタンに捧げた理由

2019/12/11 08:00

 12月4日、ペシャワール会の中村哲医師(73)がアフガニスタンで何者かに銃撃を受け、死亡した。戦争、飢餓、旱魃……。アフガンの人々と共に歩み、取り巻く不平等に立ち向かい続けた。AERA 2019年12月16日号から。

あわせて読みたい

  • 気温50度超えのスーダンでへき地医療支援 外務省を辞めた日本人医師の「覚悟」

    気温50度超えのスーダンでへき地医療支援 外務省を辞めた日本人医師の「覚悟」

    dot.

    4/2

    安田純平さんが懸念する「自己責任論」の先 「泥水に突っ込む人が必要」という真意とは?

    安田純平さんが懸念する「自己責任論」の先 「泥水に突っ込む人が必要」という真意とは?

    AERA

    11/19

  • シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」

    シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」

    dot.

    8/20

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    AERA

    12/11

  • 「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

    「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す