ノーベル化学賞吉野彰さん 中高時代に最も熱中した意外なこと

ジュニアエラ

2019/12/11 08:00

 2019年のノーベル化学賞受賞者となったのは、リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰さん。日本人として27人目(アメリカ国籍を取得した人を含む)のノーベル賞受賞者となった吉野さんが、子どもたちに向けたメッセージを語ってくれた。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ノーベル賞の吉野彰さん  「19年スパン説」でわかる人柄とは

    ノーベル賞の吉野彰さん  「19年スパン説」でわかる人柄とは

    週刊朝日

    10/15

    iPS細胞研究に「ガラパゴス化」の批判の一方、新たな可能性

    iPS細胞研究に「ガラパゴス化」の批判の一方、新たな可能性

    AERA

    12/12

  • あなたもノーベル賞晩餐会メニューが食べられる! 受賞者気分を味わう方法

    あなたもノーベル賞晩餐会メニューが食べられる! 受賞者気分を味わう方法

    dot.

    12/10

    吉野彰さんをノーベル化学賞に導いた「常識はずれ」の視点と開発欲

    吉野彰さんをノーベル化学賞に導いた「常識はずれ」の視点と開発欲

    AERA

    10/15

  • 吉野彰さんをノーベル化学賞に導いた「常識はずれ」の視点と開発欲

    吉野彰さんをノーベル化学賞に導いた「常識はずれ」の視点と開発欲

    AERA

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す