ひたすらシューティングゲームを続ける段ボール製ロボット「Q56」の狙いとは?

ジュニアエラ

2019/11/05 17:00

 シューティングゲームをひたすら続けるロボット「Q56(キューゴロー)」が、8月に開催された「こども霞が関見学デー【目指せ!キッズエンジニア!】」で注目を集めた。開発したのはバンダイナムコ研究所。何のために生み出された、どんなロボットなのか。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」11月号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • AIが人間に恋する未来ってアリですか?

    AIが人間に恋する未来ってアリですか?

    AERA

    9/8

    巨大IT企業が開発を急ぐ”AI”の正体とは何か

    巨大IT企業が開発を急ぐ”AI”の正体とは何か

    dot.

    7/23

  • 知識ゼロからでも楽しめる 親子ではじめる「プログラミングツール」4選

    知識ゼロからでも楽しめる 親子ではじめる「プログラミングツール」4選

    AERA

    8/28

    世界を変えるニッポンの技術 SFの世界が現実に!?

    世界を変えるニッポンの技術 SFの世界が現実に!?

    AERA

    1/9

  • 田原総一朗「急発達するAIが人間に絶対に勝てない仕事とは」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「急発達するAIが人間に絶対に勝てない仕事とは」

    週刊朝日

    4/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す