「私たちだけが特別扱いされるのはおかしい」木村英子参院議員が目指す社会とは?

2019/09/06 07:00

 参議院選挙後初の臨時国会が召集された8月1日、2人の新人議員が注目を集めた。大型車いすで登院した日本初の重度身体障害者の国会議員の存在は、どんな変化を社会に巻き起こすのか。フリーライターの玉居子泰子氏がリポートする。

あわせて読みたい

  • テクノロジーを国会へ 舩後靖彦参院議員の政治活動を支える「最新技術」

    テクノロジーを国会へ 舩後靖彦参院議員の政治活動を支える「最新技術」

    AERA

    9/6

    小島慶子「国会議員だからこそできる第一歩。バリアフリー社会の前例をつくってほしい」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「国会議員だからこそできる第一歩。バリアフリー社会の前例をつくってほしい」

    AERA

    8/10

  • 筑波大の学園祭委員長に重度脳性まひの19歳選出 「障害あっても私は普通に大学生」

    筑波大の学園祭委員長に重度脳性まひの19歳選出 「障害あっても私は普通に大学生」

    AERA

    4/27

    キスを手助け「添い寝介助」に見る「障害者の性問題」の本質

    キスを手助け「添い寝介助」に見る「障害者の性問題」の本質

    AERA

    5/27

  • 元ヘルパーの映画監督が問う「自立とは何か」 障害者と介助者の関係描く

    元ヘルパーの映画監督が問う「自立とは何か」 障害者と介助者の関係描く

    AERA

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す