千葉知事選 森喜朗氏のちゃぶ台返しで鈴木大地氏の擁立白紙 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

千葉知事選 森喜朗氏のちゃぶ台返しで鈴木大地氏の擁立白紙

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理週刊朝日
千葉県知事選の立候補を見送った鈴木大地氏/(c)朝日新聞社

千葉県知事選の立候補を見送った鈴木大地氏/(c)朝日新聞社

森喜朗元首相の一声は重い?/(c)朝日新聞社

森喜朗元首相の一声は重い?/(c)朝日新聞社

 自民党千葉県連が、来年春の県知事選への擁立を目指していた、前スポーツ庁長官の鈴木大地氏。本誌でも、同県連が鈴木氏の擁立に動き、現職の森田健作知事も容認していると報じたばかりだったが、それから数日間で候補者選びが白紙に戻った。いったい何が起きたのか。

【写真】判断は正しかった?重鎮の渋い様子はこちら

「今日の会議で、鈴木大地さんに要請することを正式に決定するはずだったんだが。それが……」

 10月30日に開かれた同県連の国会議員らの会議。関係者の一人がそう話した。

 千葉県出身で五輪金メダリスト、初代スポーツ庁長官と、肩書は申し分ない鈴木氏を、同県連は知事選の候補者として推していた。

 自民党関係者によると、少なくとも25日の日曜日の時点では、鈴木氏本人も前向きな話をしていたという。

 突然のちゃぶ台返しの背景にあるのは、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を務める森喜朗元首相の存在だ。

 森氏は28日に、千葉県連会長の渡辺博道衆院議員らと面会した際、

「(鈴木氏は)向いていない。選挙を知らなさすぎる」

 と伝えたという。

 つまり、鈴木氏の知事選への出馬に反対する意向を示したのだ。

 森氏は、政治家になった当初からスポーツ庁の創立を目指していたといい、それを実現した。その初代長官を務めた鈴木氏にとって、森氏はいわば後見人のような存在だ。自民党の関係者が明かす。

「自身がつくった省庁の長官が万が一、知事選で落選した場合、『スポーツ庁』の名前に傷がついてしまう。それより、鈴木氏はもともと水泳選手なので、基本的には『スポーツ界で頑張ってほしい』という考えだったようです」

 森氏と渡辺氏が面会した時、別室には鈴木氏もいたが、その場では渡辺氏らに対し、出馬しないという返事はしなかったという。

「その後、鈴木氏から渡辺氏に電話があり、『申し訳ない』と伝えられたと聞いています」(前出・自民党関係者)
 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい