仕事中にも! 恐ろしすぎる「レイプ・ドラッグ」の罠

2017/10/15 11:30

 バーでドリンクに睡眠薬などを混ぜられ、意識を失った女性が暴行を受ける。そうした薬物は「レイプ・ドラッグ」と呼ばれる。だが、昼間の打ち合わせの飲み物に薬を盛られることを、誰が想像するだろうか。被害女性が一部始終を告発する。

あわせて読みたい

  • 被害男性は100人以上 中学教師らの性的暴行事件の闇 自宅からわいせつ写真を大量に押収

    被害男性は100人以上 中学教師らの性的暴行事件の闇 自宅からわいせつ写真を大量に押収

    週刊朝日

    9/5

    神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点

    神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点

    週刊朝日

    8/22

  • 「声優のアイコ」懲役10年の実刑判決もガリガリに痩せ…

    「声優のアイコ」懲役10年の実刑判決もガリガリに痩せ…

    週刊朝日

    4/28

    「強姦されたのに、男性が怖くないんだ」性暴力被害者が苦しめられ続ける“被害者イメージ”とは?

    「強姦されたのに、男性が怖くないんだ」性暴力被害者が苦しめられ続ける“被害者イメージ”とは?

    dot.

    12/8

  • 不倫殺人の果てに「首を絞めたのは…」と法廷で罪を擦りつけ合う男女 鈴鹿事件裁判傍聴記

    不倫殺人の果てに「首を絞めたのは…」と法廷で罪を擦りつけ合う男女 鈴鹿事件裁判傍聴記

    週刊朝日

    5/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す