ノーベル賞の大隅良典さん 「生命現象の根源」解き明かす (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ノーベル賞の大隅良典さん 「生命現象の根源」解き明かす

ノーベル賞に決まった後、東京工業大学で公演する大隅良典さん(写真:つのだよしお、アフロ)

ノーベル賞に決まった後、東京工業大学で公演する大隅良典さん(写真:つのだよしお、アフロ)

 体に入り込んだ病原体をやっつけるのにも役立っていて、病気の治療法の開発にもつながる研究だ。

 日本のノーベル賞受賞は3年連続で、25人目。日本人にはうれしいニュースだ。でも、私たちは賞を創設したアルフレッド・ノーベルの「思い」を忘れてはいけない。

 ノーベルは遺言に「人類に最大の恩恵をもたらした人」に賞を贈り、その際、「国籍はいっさい考慮してはならない」と記した。大切なのはどの国の人が受賞したのかではなく、その業績のすばらしさである。(解説/朝日新聞編集委員・上田俊英)


【キーワード:オートファジー】
生物を形づくる細胞が、自分自身のたんぱく質などをリサイクルするしくみ。要らなくなったたんぱく質を分解して、新たなたんぱく質の材料にしたり、有害なたんぱく質をバラバラにして、捨てたりする。人間のような哺乳類から、植物、昆虫、微生物まで、あらゆる生物に共通する生命現象だ。

※月刊ジュニアエラ 2016年12月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい