ちびっこスパイダーマン国旗掲揚のピンチ救う? 新聞に載ったB級ニュースたち (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ちびっこスパイダーマン国旗掲揚のピンチ救う? 新聞に載ったB級ニュースたち

ジュニアエラ11月号 夕日新聞(イラスト:横山みゆき)

ジュニアエラ11月号 夕日新聞(イラスト:横山みゆき)

 男性の転落に気づいた乗員乗客はいなかった。また、男性は携帯電話を落としたため、救助を呼べなかったという。

 28日は灯台付近や岩の上から海上の船に助けを求めたが、気づかれず、29日午前6時半ごろになってようやく、近くを通る遊漁船に発見された。男性は、「渡船の上で酒を飲んでいた。島では飲まず食わずだった」と説明。けがはしていないという。

■リアルに怖い廃校のおばけ屋敷(2018年8月18日 京都市)

 廃校になった京都市東山区の旧白川小学校に、期間限定でおばけ屋敷が登場。築81年の校舎を舞台に、地域を盛り上げたいと京都市の都市整備公社が企画した。昨年、別の廃校を使った企画の第2弾となる。

 名付けて「たろうちゃんの忘れ物2~鬼ごっこシマショ~」。チラシには「心臓の弱い方は、ご入場をお控えください」などと書かれてあり、本物感が漂う。

 板張りの廊下は歩けばきしみ、教室には廃校当時の掲示が残る。「セットでは出せないリアルさがある。暗くなれば大人でも怖いですよ」と担当者。

 満員御礼のため開催時間を拡大したが、最長120分待ちの大人気。9日間で6361人が来場。そのうち67人が棄権した。

※月刊ジュニアエラ 2018年11月号より


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい