「学校に行くのが当たり前」はもはや常識ではない! フリースクールの今

AERAwithKids

2018/05/11 11:30

 ゴールデンウィークが明け、世間的にも5月病が流行るこの時期は「子どもが学校へ行きたがらない」ケースが増えます。不登校の小・中学生が年々増え続けている現状をふまえ、フリースクールへの出席やIT等を使用した家庭での学習を「学校の出席扱い」とするなど、国も法律や制度を見直しています。元文部科学省のフリースクール等を担当する視学官であった、現LITALICO研究所主席研究員の亀田徹さんに、今ひとつわかりにくい「フリースクール」についてうかがいました。

あわせて読みたい

  • 不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由
    筆者の顔写真

    石井志昂

    不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由

    dot.

    6/22

    iPadやスマホで勉強し「出席」に懸念も 不登校また過去最多16万人に、小学生も急増
    筆者の顔写真

    石井志昂

    iPadやスマホで勉強し「出席」に懸念も 不登校また過去最多16万人に、小学生も急増

    dot.

    10/17

  • 『不登校新聞』編集長が自身の体験と20年の取材をふくめて綴る、子どものSOSとの向き合い方

    『不登校新聞』編集長が自身の体験と20年の取材をふくめて綴る、子どものSOSとの向き合い方

    BOOKSTAND

    10/26

    週1回欠席するだけでも「不登校」、原因追究は無意味…意外に知らない不登校の真実

    週1回欠席するだけでも「不登校」、原因追究は無意味…意外に知らない不登校の真実

    AERA

    5/4

  • 校風がゆるい?今や15人に1人は通信制高校 入ってよかった子と後悔した子の違い 
    筆者の顔写真

    石井志昂

    校風がゆるい?今や15人に1人は通信制高校 入ってよかった子と後悔した子の違い 

    dot.

    2/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す