紛争屋として各国で「武装解除」をしてきた伊勢崎氏が語る 世界からテロをなくす方法

  • 伊勢崎賢治先生/東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授。国連PKO幹部として東ティモールでは暫定政府の知事に、シエラレオネでは武装解除を行なう。アフガニスタンでは日本政府特別代表として武装解除に携わった。趣味はジャズトランペット(撮影/写真部・岸本絢)

    伊勢崎賢治先生/東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授。国連PKO幹部として東ティモールでは暫定政府の知事に、シエラレオネでは武装解除を行なう。アフガニスタンでは日本政府特別代表として武装解除に携わった。趣味はジャズトランペット(撮影/写真部・岸本絢)

  • シエラレオネで武装解除を行なう伊勢崎先生(右、写真提供:伊勢崎賢治)

    シエラレオネで武装解除を行なう伊勢崎先生(右、写真提供:伊勢崎賢治)

  • 「武器を手放しても殺されない」という安心感を与えるために、信頼関係を築くことが大切。日本人はどの国でも「中立な立場の人間」として、信頼されることが多かった(写真提供:伊勢崎賢治)

    「武器を手放しても殺されない」という安心感を与えるために、信頼関係を築くことが大切。日本人はどの国でも「中立な立場の人間」として、信頼されることが多かった(写真提供:伊勢崎賢治)

  • 自動小銃「カラシニコフ」にハンマーを振り下ろし、武器を破壊する少年兵(写真提供:伊勢崎賢治)

    自動小銃「カラシニコフ」にハンマーを振り下ろし、武器を破壊する少年兵(写真提供:伊勢崎賢治)

伊勢崎賢治先生/東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授。国連PKO幹部として東ティモールでは暫定政府の知事に、シエラレオネでは武装解除を行なう。アフガニスタンでは日本政府特別代表として武装解除に携わった。趣味はジャズトランペット(撮影/写真部・岸本絢)
シエラレオネで武装解除を行なう伊勢崎先生(右、写真提供:伊勢崎賢治)
「武器を手放しても殺されない」という安心感を与えるために、信頼関係を築くことが大切。日本人はどの国でも「中立な立場の人間」として、信頼されることが多かった(写真提供:伊勢崎賢治)
自動小銃「カラシニコフ」にハンマーを振り下ろし、武器を破壊する少年兵(写真提供:伊勢崎賢治)

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す