「AERA_with_Kids」に関する記事一覧

朝20分運動するだけで幸せが最長12時間続く 子育て中のママが自己肯定感を高める方法

朝20分運動するだけで幸せが最長12時間続く 子育て中のママが自己肯定感を高める方法

「自己肯定感の高い子に育ってほしい」と願う親は多いものですが、親自身の自己肯定感はどうでしょうか? どうすれば親自身の自己肯定感を高めることができるのか? そもそも自己肯定感の低い親は何から始めればい

AERA

10/22

  • 発達障害・グレーゾーンの親子コミュニケーション 「やっていいこと」を具体的に伝えるのがコツ

     発達障害・グレーゾーンの子どもたちとのコミュニケーションはどうすれば親子関係がうまくいくのでしょうか。子どもの特徴を「個性」と認めたくても、実際は怒ってばかりだったり、子育てに自信をなくしたり。少し

    AERA

    10/15

  • 母親がやってはいけないこと 娘を「分身」にして、かなえられなかった夢を押し付けるのはNG

     9、10歳の「プレ思春期」の時期、親の関わり方は重要です。親子関係を長年研究してきた臨床発達心理士の小野寺敦子先生は「性別が違えば、それぞれ与える影響も変わる」と言います。母親と娘、母親と息子の関係

    AERA

    10/14

  • 「手をかける」から「見守る」へ変化することが大事 思春期入り口の親子関係

     思春期手前の9歳、10歳ごろから、親子関係にも徐々に変化が訪れます。学年別の発達や親の心構えなどについて、目白大学心理学部心理カウンセリング学科教授で臨床発達心理士の小野寺敦子先生に教えてもらいまし

    AERA

    10/13

  • 10歳ごろのプレ思春期の子育てに大切なポイント 「自尊感情」と「エゴ・レジリエンス」とは?

     9、10歳の「プレ思春期」の時期、心を育てる上で大切なのは、自分を肯定的に評価する「自尊感情」と、日々のストレスからの立ち直り力「エゴ・レジリンス」。目白大学心理学部心理カウンセリング学科教授で臨床

    AERA

    10/12

  • 10年不登校だった起業家が語る“正しい不登校のやりかた” 「知識と友だちを得られる場所は他にある」

     子どもが不登校になったら親は焦るものです。ただ、かつて不登校だったという株式会社ゲムトレ代表取締役社長の小幡和輝さんは、「不登校は決してネガティブじゃない」と言います。「AERA with Kids

    AERA

    6/2

この人と一緒に考える

この人と一緒に考える

1

カテゴリから探す