「コンドーム」と「低用量ピル」、避妊の効果はどのくらい違う? 性教育の専門家に聞く

いまどきティーンズの性知識 産婦人科医・サッコ先生の性教育講座(3)

AERAwithKids

2023/01/10 16:00

「皆さん、避妊にはどんな方法があるか知っていますか?」。明るく、サバサバとした語り口で小・中学校、高校を中心に、年間120回を超える性教育講座をこなす、サッコ先生こと産婦人科医の高橋幸子先生。思春期真っ盛りの中高生たちは、内容によっては「やばい」「まじか!」と照れ笑いをしたり、驚いたりと場内がザワザワする場面もたびたび。しかし、妊娠の話題になると、子どもたちの表情が変わる。サッコ先生の顔を見て、じっと話に聴き入る。

あわせて読みたい

  • 「妊娠していなくても、中高生のうちから産婦人科に行こう」と性教育の専門家が呼びかける理由とは?

    「妊娠していなくても、中高生のうちから産婦人科に行こう」と性教育の専門家が呼びかける理由とは?

    dot.

    1/9

    「自慰行為のし過ぎで死ぬの!?」中高生を翻弄するウソに、専門家がアドバイス

    「自慰行為のし過ぎで死ぬの!?」中高生を翻弄するウソに、専門家がアドバイス

    dot.

    1/8

  • 年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況

    dot.

    12/4

    ピルの役割は“避妊”だけではない 女性のある悩みの改善も

    ピルの役割は“避妊”だけではない 女性のある悩みの改善も

    AERA

    11/6

  • 緊急避妊薬 日本は1万円でミャンマーは100円 なぜ高価で手に入りにくいのか?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    緊急避妊薬 日本は1万円でミャンマーは100円 なぜ高価で手に入りにくいのか?

    dot.

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す