堀潤 ある人が教えてくれた“障害者”という言葉の意味に「目からうろこが落ちる思い」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

堀潤 ある人が教えてくれた“障害者”という言葉の意味に「目からうろこが落ちる思い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
堀潤(ほり・じゅん)/1977年、兵庫県生まれ。ジャーナリスト、市民投稿型ニュースサイト「8bitNews」代表。「モーニングCROSS(TOKYO MX)」「JAM THE WORLD(J-WAVE)」など、テレビやラジオの出演多数

堀潤(ほり・じゅん)/1977年、兵庫県生まれ。ジャーナリスト、市民投稿型ニュースサイト「8bitNews」代表。「モーニングCROSS(TOKYO MX)」「JAM THE WORLD(J-WAVE)」など、テレビやラジオの出演多数

 日本でも、公共交通機関や建築物のバリアフリー化を目指す「バリアフリー新法」が、2006年に施行されました。そして、この運きが広がる過程で、障害のある人にとって優しい社会=多くの人にとって優しい社会、ということがわかってきました。ケガをして松葉づえになったり、妊娠しておなかが大きくなったり、お年寄りになって体力が弱まったりした人にとっても、日常生活が送りやすくなるのです。

 日本では20年に東京パラリンピックが開かれますね。世界中から社会の「障害」と向き合う人々がやってきます。まだ、ぼくたちの町の至るところに存在する「バリア」を、少しずつ取り除いていきたいですね。(ジャーナリスト・堀潤)

※最近では、テレビの報道や自治体のホームページなどでは「障害者」を「障がい者」と表記するケースが多い。


■オリンピックだけじゃないスポーツの祭典

<パラリンピック>
3大会連続で冬季パラリンピックに出場したスキー・アルペン競技の三澤拓選手に取材をしたときのこと。左右の体重移動でバランスをとりながら、目にも留まらぬ速さで滑り降りていく姿に圧倒されました。「堀さん、すごいでしょ? 障害があるから弱いなんて思わず、アスリートとしてカッコイイなと見てもらいたいんです」と三澤さん。障害があるから弱い人、そんなイメージを変えていきたいというのです。

<スペシャルオリンピックス>
4年に1度、知的障害のある人が参加する「スペシャルオリンピックス」世界大会も行われています。1968年にアメリカでスタートし、2015年夏季大会には、世界約170カ国・地域のアスリートとボランティアが参加しました。

※月刊ジュニアエラ 2016年12月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい