いよいよ「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に着陸! 太陽系や生命の起源にせまれるか?

ジュニアエラ

2018/09/09 11:30

 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が6月27日、目的の小惑星「リュウグウ」に到着した。打ち上げられた2014年12月3日から約3年半、総飛行距離32億キロにおよぶ長旅だ。来年末まで滞在し、リュウグウの砂を地球に持ち帰ることをめざす。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 太陽系や生命の起源にせまる「玉手箱」が地球へ 「はやぶさ2」が持ち帰るもの

    太陽系や生命の起源にせまる「玉手箱」が地球へ 「はやぶさ2」が持ち帰るもの

    AERA

    2/4

    小惑星リュウグウの成分は「お宝過ぎた」? 「はやぶさ2」二度目の着陸に中止論が出た2つの理由

    小惑星リュウグウの成分は「お宝過ぎた」? 「はやぶさ2」二度目の着陸に中止論が出た2つの理由

    AERA

    12/16

  • 宇宙開発は競争から「協調」へ 世界から注目「はやぶさ」の技術力

    宇宙開発は競争から「協調」へ 世界から注目「はやぶさ」の技術力

    AERA

    11/28

    2025年大阪万博の目玉は「リュウグウの石」にすべき理由
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    2025年大阪万博の目玉は「リュウグウの石」にすべき理由

    AERA

    12/5

  • 宇宙探査はオール人類で新時代へ 「地球低軌道からその先へ」を合言葉に

    宇宙探査はオール人類で新時代へ 「地球低軌道からその先へ」を合言葉に

    AERA

    4/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す